【関東屈指のJCT】箱崎ジャンクションを撮影しよう!



こんにちは! 夜景写真家のfabrik_view ( @hom_fab )です。


ジャンクションファンでなくても一度は写真を見たことがあるのではないでしょうか。

ファンの間では東の箱崎、西の阿波座と言われる程有名なスポットで、3層立体交差の迫力から「ヤマタノオロチ」、「ジャンクション界の王様」ともいわれます。


近くを通ると誰しもが思わず立ち止まって見上げてしまう迫力が箱崎JCTにはあります。


アクセスも良く、人通りも多い安全な場所ですので初めて訪れるジャンクションスポットとしてもお勧めです。


私も初めてのジャンクション撮影は箱崎JCTからスタートしました。


【アクセス】


◇ 住所:〒103-0015  東京都中央区日本橋箱崎町22
◇  アクセス:東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅より徒歩2分

【歴史】

供用開始は1980年。1971年に茨城方面から流れる6号向島線と、千葉方面から流れる7号小松川線は2022年で51年を迎えます。





バスの交通量も多いので三脚を立てて撮影したり、近くの歩道橋から手持ちで撮影するのもおススメです。


【参考資料】

・首都高速向島線・小松川線50周年記念特設サイト「向島線・小松川線の歴史」

 https://www.shutoko.jp/ss/link50/history/index.html

・高速ジャンクション&橋梁の鑑賞法, 首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社ほか



閲覧数:254回0件のコメント