テレワーク最大の課題【猫と乗り切る在宅勤務】

更新日:2月5日


             「今日もテレワーク始まるよー!」



私の会社でもコロナウィルスの影響により2月26日頃よりテレワークが始まり、状況が悪化した連休明けの3月23日以降は完全自宅作業となりました。かれこれ自宅中心の仕事環境も2ケ月が経ちましたが、急な環境変化であっても心がすり減らずに仕事をこなせているのは、5カ月前から飼い始めたキジトラのオス猫「ミイ」の存在が大きくあります。


私が働いている業界はPR仕事、サービス業に属するためネット環境がしっかり整いチャットツールやビデオツールがあれば文字通り「PC1台で作業」が出来る状態にあります。


会社もシェアオフィス「WeWork」内にあることから元々リモートワークがしやすい環境にあったこと、社員も5人という小企業もあり情報共有も容易だったこともあり、大きな問題もなく仕事をこなすことができました。

     Nintendo Switchを楽しむミイ


丸一日家で仕事をすることも最初は新鮮ですが、日がたつごとに家から出られないストレスから心がすり減っていきます。有用なアプリを使っていかに効率的に情報共有が出来ても人と物理的なコミュニケーションを取れないこと、気分転換ができないことは思ったよりもストレスになったのです。


そんな中、在宅のストレスを紛らわせてくれたのがミイの自由で奔放な行動でした。

1日20回はPCのキーボードの上を通りすぎて、時には香箱座りで仕事を中断、さらに膝の上に乗り15分ほど業務を完全停止させることもありました。パソコンという四角い板を一日中パシパシ叩いている人間の姿は猫にとってみたらよほどの暇人に見えるのかもしれません。


「そんな時間あるなら撫でろ!チュール寄こせ!」てなもんです。その自由な振る舞いや表情が、時に仕事に行き詰まったり疲れたりしている時に気を紛らわせてくれます。



ミイの1日は午前中ハンモックの上で外を眺め、家中を探索することから始まります。作業テーブルの隣上にあるハンモックでくつろぎ、時々所在無さげにこちらを見つめていたかと思えば、いきなり猫パンチを繰り広げてくる程度で大きな邪魔はされません。


午後も3時ぐらいまで走り回ったり、じゃれたりしてきますが気が付いたらカーペットの上で2時間ぐらいぐっすり昼寝をします。そのため、12時前後まではそこまで集中力の作業をこなして、15時頃の集中力が高まるタイミングで昼寝をしてくれるので絶妙に距離を保つことができます。


ただ重要な書類を作成している時、どうしてもミイが暴れて落ち着かない場合はケージにいれます。たいていの場合はケージに入れて5分後にはハンモックの中で最高潮に幸せを噛み締めた顔で昇天寝しています。


【猫 x パソコンは世界共通言語】


テレワークを始めて間もなく、ミイがPCに香箱座りしPCを乗っ取りしている姿の写真をTwitterにあげたところ多くの方に共感頂き、8万8千を超える「いいね」が付きました。そして多くの猫を飼いながらテレワークをされている方がPCネコさんの写真を上げて下さり、共通の悩み(?)を共有することができました。

     


PC作業中にお邪魔されることは猫を飼っている方にとってはあまりに日常的なことかもしれませんね。

1,600万のフォロワーを有するメディア9GAGでもシェアしてもらい、海外ユーザーの方々もPCネコの写真をたくさんアップロードして下さったので、非常に楽しい時間を過ごすことができました。 


私自身は4年間立ち上げから関わった会社を5月末で退職、4月末が最終出社日になります。これから次の就職先で働くしばらくの間、撮影スキルの向上に向けて勉強ということでテレワークもいったんは終わりを迎えます。


早く収束に向かうことを祈るばかりですが、自粛が続くうちは家で出来ることを家族と楽しみながら経験していきたいと思います。

閲覧数:224回0件のコメント