大雪の東京夜景を撮る!カメラ設定とお勧めスポット

2014年、2018年は積雪20cmを超える大雪を記録しましたがそれ以降、積雪は2020年3月以来2年ぶりですが5cmを超える積雪は4年ぶりですので、4年周期の貴重な撮影機会です。

この日は仕事でしたので、テレワークが終わる17:30に急いで自宅を出ました。夜は雪の勢いが弱まる予報になっていたので、自宅からあまり時間をかけずに回れる場所を選んで訪れました。


◆ 2018年1月に撮影した写真と記事↓

4年に一度のチャンス? 大雪に包まれる東京夜景 - 浅草寺、東京駅 -


私が都営三田線沿いに住んでいることもあり、電車一本で行けるところを探していたので最初に訪ねたのは東京タワーでした。4年前は撮影する時間がなかったのでどうしても撮っておきたかったランドマークです。

最寄りの芝公園駅から徒歩3分の芝公園から撮影しました。多量の積雪ではないため公道では雪がすぐはけていましたが、公園は芝生も多く十分な雪が残っていました。



◆ 使用カメラ・レンズ:FUJIFILM XーT100 & XC15-45mm F3.5ー5.6 OIS PZ

*ストロボは内蔵のものを使用


設定(1/40秒、F5.0、ISO 1000,、焦点距離 15mm)


設定(1/40秒、F5.6、ISO 1000,、焦点距離 40.8mm)


◆ 撮影場所


既に雪は弱まっていたので、次の撮影スポットである東京駅(大手町)に向かいます。

残念ながら到着するころには雪はほとんど降っておらず道路の雪もだいぶはけていました。

4年前は夜遅くまで雪が降っており、積雪量も今年の倍あったので雪化粧した東京駅が撮れましたが積雪量が10cm以下の場合雪が溶けている(はけている)状態も踏まえて訪れたほうがよさそうです。


大手町駅・丸の内



設定(1/15秒、F4.9、ISO 2000,、焦点距離 32.3mm)

新丸の内ビルから撮影。*三脚不使用

地上の雪は少なくなっているが駅舎は綺麗に雪化粧しています。


設定(1/15秒、F5.6、ISO 1250,、焦点距離 45mm)


地上に雪が残っていない場合は俯瞰できる場所からの撮影がおすすめです。新丸の内ビルディングのほかKITTE 屋上庭園などがあります。


この後、新宿駅も回りましたが案の定雪はほとんど残っておらず撮影はできませんでした。降雪量が多い場合は撮影スポットはどこを選んでもよかったのですが、今回のように少ない場合は雪が溶けにくい公園周りの場所や、神社仏閣の方がよいと感じました。


2022年、東京の冬はまだ終わっていませんので4年に1回といわずあと1度降ってくれると嬉しいですね。


47回の閲覧0件のコメント